アールブリュットについて思うこと


社会と繋がる方法としてのアールブリュット



「どうやったら障がいのある方々が幸せに日々の生活を送れるのか🤔」という目的があり、その支援方法としてアートや音楽が選ばれていると思うのですが、その中には商業的に成功しそうな、又はすでに成功している、カッコいい素敵な作品がたくさんありますよね🎨🎶



カフェや病院などで見かけるアートの他、ポストカードや文具等のアールブリュットアートの雑貨も最近はよく見かけますし🌟👀 、可愛いのでつい買ってしまいます😁



気に入ってもらえて購入に繋がり、アーティストさん達に還元されるのはWin×Winな感じがして、とてもいいことですよね✨🤝✨



障がいのあるきょうだいを持つ私としては、そのようなカルチャーがあると、きょうだい達も社会と繋がっていけるのではないかと思えて、希望が持てます🌈 






ご本人とその家族だけではなく、みんなにとってよいこと



人はある日突然に障がいを抱えることになる事もありえます。そう考えれば皆さんに不安があるかもしれません🧐



でも、「アーティストや作家としてご活躍されている障がい者の方々がいる」ということを知れたなら不安は少し軽くなると思います。



「日本の社会は皆に優しく、色んなチャンスがあり、どのような状況になっても社会と繋がり続ける事ができる😄😄」と思えたら安心して暮らせるのではないでしょうか?



まだまだ課題の多い事ですが、今は私が子供の頃に比べて随分オープンになってきたと感じます😊 



心豊かに暮らすには社会との繋がりが大事かと思いますが、アートや雑貨というのはとても身近で、繋げるという役割にピッタリです💕 


微力ながら、繋げるお手伝いをお店を通してやっていきたいと思っています😊 

コメント